2020.12.08【オンライン開催】国際観光施設協会 年末Webセミナー2020

2020年11月18日

コロナウイルス禍ではありますが、皆様にはお元気にお過ごしのこととお喜び申し上げます。
さて、今年の当協会主催の年末セミナーは、 Webセミナーの形で開催することとなりました。講師に、スターバックス コーヒー ジャパン (株)マーケティング  本部長の大嶋 バニッサ様とサプライチェーン本部エシカルソーシング・サステナビリティチームの普川 玲様をお招きして、『スターバックスの顧客との関係づくりとブランド、そして、一杯のコーヒーを届け続けるサステナブルな未来の実現に向けた取り組み』と題して、日々店舗で生まれるつながりの瞬間やスターバックスのブランドづくり、コロナ禍で見えてきた存在意義、 また、店舗で取り組むプラスチック削減やコーヒー豆かすのリサイクルといったSDGsの取り組みをお話し  いただく予定です。サステナブルな社会を目指し、  お客様や地域とつながり、ポジティブな影響を与えるスターバックスならではのお話を期待できそうです。皆様奮ってご参加ください。
年末Webセミナー2020 タイトルバナー.png (291 KB)

【講師プロフィール】大嶋 バニッサ スターバックス コーヒー ジャパン ㈱  マーケティング本部 本部長
20185月より、スターバックス コーヒー ジャパンにて、マーケティング、広報・PRSocial Impact活動を統括し、コンセプト策定、戦略立案、戦術実行および社内外への一貫したブランド発信をリード。スターバックスに入社するまで12年間は、フィリップモリスジャパン(株)、日本コカ・コーラ(株)、ナイキジャパンのクライアントサイドのリーダーとしてマーケティング業界に携わり、インサイトや計画立案、ビジネスインパクトをもたらすための新しい視点を提供する総合的なマネジメントに従事。ニュージーランド出身。

【講師プロフィール】普川 玲 サプライチェーン本部 資材・店舗開発調達部 エシカルソーシング・サステナビリティチーム チームマネージャー
2005年にスターバックス コーヒー ジャパンに入社。2007年より食品リサイクルや社内の環境教育などを担当。現在はミルクパックのリサイクルや、豆かすのリサイクル(店舗でコーヒー抽出後の豆かすを、牛の乳酸発酵飼料や野菜を育てるたい肥として再資源化し、これら用いた乳牛のミルクや野菜を、スターバックスのドリンクやサンドイッチの原材料として用いる活動)など、サステナブルな未来を目指すアクションを推進する。慶應義塾大学環境情報学部卒業。

 

日 時:2020年12月8日() 16:00~17:45  Webセミナー(zoom利用)

テーマ:
『スターバックスの顧客との関係づくりとブランド、そして、一杯のコーヒーを届け続けるサステナブルな未来の実現に向けた取り組み』

講 師:スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社 大嶋 バニッサ 様、普川 玲 様

参加費:1,500

申込み方法:イベント管理ウェブサービス「Peatix」からチケットをお申込下さい。

下記 URL からお申込みください。

https://jtfa-webinar1208.peatix.com/